のぼりを有効活用するために

アイロンをかける。

のぼりで大事なことは、アイロンをかけるということです。
アイロンをかけてシワを伸ばして掲げるのと、そうでないのとでは大きな違いがあります。

見栄えが変わる

それは見栄えが全然かわるということ。
のぼりは一瞬で情報を目に入れることが勝負です。
どれだけ一瞬に伝えることができるか。

そんな時にシワで文字がはっきり見えないなんて損してます。
本当に些細なことだけど、文字だってアイロンをするだけで
ぐっと見やすくなります。

のぼりの特色を殺さないためにもこうした工夫をしたいと思います。

とくにのぼりは自動車などからでも認識できることが特徴。

特徴を活かす

そうした特徴を活かすためには少しでも文字を認識しやすい状態に
することが必要なのです。
それはデザインばかりではありません。
アイロンといったひと手間もより認識を助けてくれます。

やはりオリジナル等でつくるとちょっとは高級感出したいですよね?

そういう小さいことがとても大切です。

紅葉シーズン  霊園  薬局  化粧品の効能  オープンのぼり